2011年1月10日月曜日

腰痛 知識

腰痛の知識です。腰痛にはお酒とタバコどちらが悪いのでしょうか?腰痛といえばお酒が悪いようです。お酒がきっかけとなる腰痛は、一般的に「腰痛」といわれる、ぎっくり腰や腰の筋肉疲労などとは、症状が異なります。この痛みは腰だけでなく、背中や肩辺りの痛みとして感じることがあります。最も痛む部位は、みぞおちですので、耐えがたい症状です。痛みはアルコールにより、ある臓器に異常が起きたためです。この臓器の位置が、胃の裏側で胃と背骨に挟まれたような体の深い位置にあるため、臓器による痛みが、周りの神経を刺激して腹部の激痛に加え、腰や背中が痛いように感じるようです。腰や背中に抜けるような痛さです。ひどいようなら、禁酒か飲む量を減らした方がいいでしょう。